CALL the ARK

- 別の時空(次元),
アグラスフィアと呼ばれる世界(惑星)。
:Aglassphere(Aglaia's Sacred Sphere).

アグラスフィアはAglaiaの祝福によりバランスを保たれた世界だった。
しかしある日、アグラスフィアは突如としてそのバランスを失い、世界はバラバラに分断された。

この世界の誰もが何故こんな事が起こったのか知る由も無かったが、分断された各地域の王達はアグラスフィアを再結合すべく行動を起こす事を決めた。

アグラスフィアの再結合を実現すべく、先ずは分断された地域同士の接続を試す事にする。

- アークシステム
唯一、地域と地域を接続可能な方法と言われている。
各地域に遺跡として存在するこのシステムは、古代科学書によると古代世界に於いて交通手段として使われていたらしい。
ある地点からある地点へ人や物を瞬時に転移する、俗に言うテレポートの様なシステムであり、Aglaiaの祝福を動力として稼働していたようだ。

このシステムがまだ使用可能かどうか定かでは無いが、このシステムが今起こっている混沌を唯一解決出来る可能性を秘めていた。

- 言い伝え
この世界には5節からなる1つの古い言い伝えがある。
< Call the Ark >
1.想像も出来ない様な混沌が訪れる刻、私の神Aglaiaは彼女の船を呼び起こす
2.船は私をそこへ運ぶ。船は彼らをそこへ運ぶ
3.●▲▲▲■×◆◆×××●▲●▲■■■■■■
4.世界は産まれ、世界は再生する
5.再生が私の上を回る。再々生が私の上を回る

検索

光流湛えしアルマネスク - EP6.遭遇 -

地面に放り出された三人は身体に受けた衝撃波と打撲に顔を歪ませる。 「二人とも大丈夫か!?」 「…ああ、何とかな。。」 「。。こっちも平気よ。」 お互いの無事を確認しながら、三人は状況を確認しようと身体を起こした。 さっきまであったリトの家が跡形も無く吹き飛んでいる。...

光流湛えしアルマネスク - EP5.惨禍 -

「生存者が居たぞ!誰かこっちに来てくれ!」 「ダメだ!火の回りが早い!救助した負傷者を先に被害を免れた病院へ 連れて行ってくれ!」 「お願い!まだ4歳の子供なの!この子だけでも助けて!」 「救援部隊ははまだか!間に合わなくなるぞ!」 「ママー!ママー!起きてよママー!」...

光流湛えしアルマネスク - EP4.それぞれの戦いへ -

「これがそうなのか。」 「はい。その通りでございます。」 「被害の状況はどうなっている?」 「確認次第、ご報告致します。」 青白い光が自分の国に降り注ぐ光景を、謁見の間にあるベランダから オルルドと数名の大幹部と共にリヒトは険しい表情で見詰めていた。...

光流湛えしアルマネスク - EP3.強襲 -

― 考古学研究施設カセラス内、応接の間 ― 応接の間の前に着くと、一人の研究員とカセラス事務員が立ち話をしていた。 他の講義堂からの立候補者だろうか。 カセラスでは研究員たちの講義等を行う5つの講義堂、各研究員の研究成果発表を...

光流湛えしアルマネスク - EP2.決断 -

不思議に思っていた事がある。 でも、この世界に大分裂が起こって少し、その謎が解けた気がした。 この世界に生きる人類を含む生物、特に知的生命体には根源的な共通性が 全くと言っていい程無い事が多い。 一般的な人類、また、その人類に類似する亜人種、光・影・火・風等の自然現象を...

光流湛えしアルマネスク - EP1.始まりの日 -

王国中央区防衛施設コロニー内アーリアナの南、農耕政策指定区ラギに位置する村トナン。 緑に囲まれたその村でリトはお気に入りの見晴らしの良い大樹の下で、 王国図書館から借りた古文書を読みふけっていた。 リリアとの約束も忘れて。。。...

光流湛えしアルマネスク - 序章 -

光の恩恵を多く受ける王国。アルマネスク(Almanessg) アッバーズ大陸に於いての主要盟主国として地域を治める。 その恵まれた環境により農耕が盛んであり、同盟国・地域の 食料供給の要衝として栄える。 大分裂(アグラスフィアの分断)の数日前、晄王ヴァン・ロメル・リヒト13...

― 飛空調査艇フライングフィッシュ
  書記係AnkE

  • ツイッター - ホワイト丸